将棋とプログラミング

将棋の学習記録とプログラミングの創作記録

将棋会館で将棋指してきた

今日、将棋会館で将棋指してきました。

初めて行くのでどんなところかワクワクしていきました。

思ってたより狭い所だった。一階はグッズ売り場で駒とか本が置いてあった。

本は綺麗なのが置いてあった。記念に駒でも買って帰ろうかと思ったけど、高すぎてやめた。

二階が道場なので二階に行くと部屋の外に座ってる人がいっぱいいてこの人達は何してるんだろうって思った。

まず中に入ってびっくりしたのが子供だらけだった事。

戸惑いながらも受付でどうしたらいいか聞くと棋力の目安を聞かれたので近所の将棋道場で1級ですと答えた。

人は凄いたくさんいてすぐに対局出来た。

最初の相手が小学生の女の子でいきなり子供かよって思って負けたらどうしようって気持ちになった。

震えそうになりながらドキドキしながら指してたら勝てた。よかった。

ネット将棋と違ってめっちゃ集中力使うしめっちゃ疲れる。というかネット将棋の雰囲気はぬる過ぎる。

これが本物の将棋かって感じだった。

でも、そこに集まってる子供達はプロ目指してるのかどうかしらないけど、エリートの集まりっぽかった。

きっと殺伐としててドロドロした所なんだろうな。

塾で将来のエリート達が競い合ってるイメージだった。

私はそういう塾には通った事が無いのでそういう経験をした事が無いから、そういう勝負の世界は初体験だった。

まだ、子供なのに悪い意味で一般人より抜け目が無いと感じた。でも子供なのに凄いな。

あと棋力認定がガバガバ過ぎる。きっとコネとか忖度とかあるんだろうな。

それと一人の子が負けたのに私が負けた事にして昇級してさっさと逃げて帰るっていう事件もあった。

まぁ、文句言ったところで証拠は無いんだけど。

そこの競い合いの殺伐とした世界はあんまり好きじゃないんだけど、ここで鍛えたら確実に強くなりそう。

それだけにもったいない気がした。

棋力認定の結果は9級でした。

もっと級があがると対戦相手が中学生とかになってもっと凄くなるのかな。