将棋とプログラミング

将棋の学習記録とプログラミングの創作記録

以前作った将棋対局プログラムについて

こないだ作った将棋対局プログラムに変更を加えました。
その時の記事はこちら。
shogi-kyoupro.hatenablog.jp

GNU Chessっていうのがあって、それはCUIのチェス対局プログラムなんだけど、それを参考にした。
私のプログラムでは例えば2七の駒を2六に移動する場合、27って打ってから、もう一度26って打たなきゃならなかった。
そうすると入力誤りを判定する為にメイン関数が結構複雑になるからあまり好ましくない。
でもGNU Chessではe2e3って感じで移動前と移動後の位置を一度に入力するからこれはいいと思った。
今の将棋の場合だったら2726って感じ。そうするとコードも凄いスッキリするし、プログラムの入れ子も浅くなった。
それ以外にも想定外の入力にも対応するように変更を加えた。