将棋とプログラミング

将棋の学習記録とプログラミングの創作記録

安心感と満足感

私はプログラミングは出来るんだけど、なぜかものづくりは苦手という人間である。

なぜだろうとずっと思ってた。その理由がわかった。

私が将棋やプログラミングにハマってる理由は安心感と満足感が得られるからだ。

箱庭のように閉じられた世界の中だけで考えてればいいという安心感と高い集中力を発揮出来るという満足感。

その二つが得られるから私はこれらの趣味が好きなのだ。

ところがものづくり、ひいては社会で一般的に求められる能力というのはその両方を捨てて、我慢や忍耐、根性が求められる。

だから、私は苦手なんだなと思った。これから方向性を考えないと。